▽おすすめ記事▽





688: 2018/09/04(火) 18:14:07.34 ID:kZHAIoXG0

【チリ戦のスタメン予想】
中心は“森保式”を知る青山、浅野、佐々木。気になる前線のトライアングルは?


no title
 
週末のJリーグでは、川崎の大島僚太がG大阪戦で負傷(左ヒラメ筋の肉離れと診断され、全治2~3週間)し、浦和戦の出場を回避したC大阪の山口蛍(右外側広筋筋挫傷)とともに参加を辞退。代わりに代表初選出となる川崎の守田英正、横浜の天野純が追加招集された。

これで先のロシア・ワールドカップを経験したのは東口順昭(G大阪)、槙野智章(浦和)、遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー)、植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)のわずか4人となり、ロシア大会から実に19人が入れ替わるフレッシュな顔ぶれとなった。

実際、誰がチリ戦のスタメンを勝ち取るのか、現状で判断できる材料は極めて少ない。もっとも森保監督はU-21代表を率い、準優勝した先のアジア大会では自身の代名詞と言える3-4-2-1を採用しており、A代表でも同様のシステムがメインとなるはずだ。その時に軸を担うのは広島時代に森保サッカーを経験した佐々木翔、青山敏弘(ともに広島)、浅野拓磨(ハノーファー/ドイツ)の3人となるだろう。

それを踏まえてスタメンを予想していくと、まずGKは東口(国際Aマッチ5試合出場)、権田修一(国際Aマッチ3試合出場)、シュミット・ダニエル(国際Aマッチ0試合出場)の3人からチョイスすることになるが、経験値から言えば東口が妥当だろう。トレーニング期間が限られ、連係面で大きな不安が残るだけに、32歳の守護神には周囲を落ち着かせるリーダーとしての役割を求めたい。

ttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180904-00046726-sdigestw-socc


691: 2018/09/04(火) 18:15:36.73 ID:OvMuEV430

>>688
弱そう


引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1536028514



人気記事

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット