1: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:14:45.82 _USER9
 20181120-05930367-gekisaka-000-2-view[1]

ゴールを決めたはずなのに、なぜか歯切れが悪かった。年内最後の国際親善試合を4-0の快勝で飾った直後の、豊田スタジアム内の取材エリア。ベンチへ下がるまでの72分間で手にした収穫を問われたMF原口元気(ハノーファー96)は、ちょっとした沈黙を挟みながら言葉を絞り出した。

「まあ......難しいですけどね。相手が相手......難しいですね」

キルギス代表と対峙した20日のキリンチャレンジカップ2018。開始2分に飛び出した代表デビューのDF山中亮輔(横浜F・マリノス)のゴールでリードして迎えた前半19分には、原口の果敢なドリブル突破からファウルを獲得。ペナルティーエリアの左角のあたりから自ら直接フリーキックを蹴り、ゴールネットを揺らした。

6月のワールドカップ・ロシア大会の決勝トーナメント1回戦、対ベルギー代表以来となるA代表通算8ゴール目は、日本代表にとっても特別な意味をもつ一発だった。

直接フリーキックから生まれたゴールは、ザックジャパン時代の2013年9月6日に行われたグアテマラ代表との国際親善試合で、MF遠藤保仁(ガンバ大阪)が決めた一撃にまでさかのぼらなければ見つからない。しかし、約5年2ヵ月にも及んだ空白の期間を埋めても、原口は自虐的な言葉で周囲を笑わせた。

「いやぁ、(直接フリーキックからのゴールには)カウントしないでほしいですね。思い通りに蹴れたわけじゃないし、決めたと言っていいのかどうかもわからないので」

確かにコースは甘かった。しかし、目の前でバウンドしたボールの処理をキルギス代表のGKバベル・マティアシュが誤り、ファンブルした末にゴール内にそらすミスを犯してしまう。195cm、88kgと恵まれたサイズを誇るキルギスの守護神は、実は所属クラブなしの状態で来日していた。

後半開始とともに投入されたMFアフリディン・イスライロフも所属クラブなし。ピッチには立たなかったものの、無所属の選手がベンチにもう一人いた。公式記録上におけるシュートはわずか1本。前半終了間際に放ったそれは、ゴールの枠をとらえることはできなかった。

最新のFIFAランキングを見れば日本の50位に対して、初めて顔を合わせるキルギスは90位。数字以上に実力が乖離していた中央アジアの小国と、あえて年内最後の相手としてマッチメークした背景には、来年1月にUAE(アラブ首長国連邦)で開催されるアジアカップ対策がある。

「キルギスはアジアでの戦いを想定した試合ができるかな、と思っています」

11月シリーズに臨む代表メンバーを発表した今月7日に、森保一監督はキルギス戦の狙いをこう説明していた。

つづく

11/21(水) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00010000-wordleafs-socc&p=1

2: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:14:55.12 _USER9
アジアにおける戦いで、日本は引いて守る相手を攻めあぐねてきた歴史がある。そして、森保ジャパンが初めて臨む公式戦のアジアカップで、ウズベキスタン、トルクメニスタン両代表と同組になった。

ザックジャパン時代に苦戦を強いられたウズベキスタンはともかく、トルクメニスタンは自陣にブロックを形成して、乾坤一擲のカウンターを仕掛けてくるだろう。同じ中央アジア勢という状況も踏まえて、アジアカップに初めて出場するキルギスを年内最後の相手として選んだ点は理解できる。

しかし、アジアカップ対策を講じるのならば、主力組で臨まなければ意味をなさない。果たして、森保監督は現時点におけるベストメンバーを先発させ、1-1で引き分けた16日のベネズエラ代表戦(大分スポーツ公園総合競技場)から、先発全員を入れ替える決断を下した。

当初のプランを変更させたのは、ベネズエラ戦の後半にある。売り出し中の2列目トリオ、中島翔哉(ポルティモネンセSC)、南野拓実(ザルツブルク)、堂安律(FCフローニンゲン)と1トップの大迫勇也(ベルダー・ブレーメン)がベンチへ下がってからは、特に攻撃面でパフォーマンスが著しく低下した。

「チームとしてもう1セットできるくらい、もっと選手層の幅とチーム力をアップさせるために、より多くの選手が絡めるようにやっていかなければならない」

ベネズエラ戦後に口にした危機感が、キルギス戦の選手起用に反映されていた。リザーブでキックオフを迎えることが多かった選手たちに少しでも長くプレーさせて、個々の能力を開放させる。ただ、本当にチーム力をアップさせたいのならば、主力組とリザーブ組をミックスさせる作業が必要だった。

たとえば大迫に関しては「非常にいい選手であり、彼に代わる選手がいない現状がある」と指揮官は言及している。ならば大迫が不在となる状況を見越し、キルギス戦で1トップとして先発させた杉本健勇(セレッソ大阪)と若手三銃士を、同じピッチで共演させるべきではなかったのか。

あるいは、大迫と北川航也(清水エスパルス)、伊東純也(柏レイソル)らを長く一緒にプレーさせる。結果的には前者のプランは入れ違いになって実現せず、後者のそれは10分ちょっとしか続かなかった。特に攻撃面で顕著になっている、主力組とリザーブの差を埋められないまま貴重な90分間が終わった。

「力の差があるにしても現段階では当たり前というか、普通のことかなと思います。経験の浅い選手たちがベテラン選手や実力差がある選手と同じピッチに立つことで、相乗効果が生まれて両方の選手たちが成長や融合する。いまチャレンジしていることは、これからもチャンスがあれば続けていきたい」

キルギス戦をこう総括した森保監督は今週末から、日本サッカー協会の関塚隆技術委員長とともに渡欧することが決まった。J1戦線が佳境を迎えた国内組の視察ではなく、これまで招集しなかったヨーロッパ組の状態を自らの目でチェックする作業を優先させた。

フォワードではおそらく武藤嘉紀(ニューカッスル・ユナイテッド)や久保裕也(ニュルンベルク)、中盤では香川真司(ボルシア・ドルトムント)や乾貴士(レアル・ベティス)らが候補になる。彼らもとを試合だけでなく練習の段階から訪れる可能性を、関塚技術委員長は否定しなかった。

「もちろん彼らはリストに入っていますし、招集に関してはまだまだいろいろな選択肢があると思います」

呼んでいない選手をぶっつけ本番でアジアカップへ招集する可能性を問われた指揮官は、こんな言葉を残したことがある。当初の青写真が二転三転した末に、杉本や北川らに見切りをつけたことだけがキルギス戦の収穫だとしたら――大量4ゴールを奪い、4勝1分けの無敗で2018年を締めくくった軌跡を、手放しで評価できない理由がここにある。

(文責・藤江直人/スポーツライター)

4: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:17:10.49
確かに貴重な国際マッチにキルギスてってなるわな

14: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:21:42.47
>>4
ブラジルとやる時もいつもこう思われてるんだろうな。

7: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:17:52.29
ネーションズリーグってもんの影響があからさまに出たよな
UEFA下位国も呼べない

8: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:17:52.89
キルギスレベルでも役に立たないサブを見極めるため

9: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:19:33.18
アジアカップのグループリーグで下位相手に
控え組でも相手できそうかの確認

10: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:19:57.19
練習だからいいんじゃね

11: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:20:06.51
この先もホームにはろくなの呼べないな
多少やる気がある中南米くらいか

12: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:20:21.51
新しいスターシステムを構築するためにかませ犬をあえて呼んだ

13: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:21:37.38
まあ一応本番の雰囲気って事くらいか

16: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:23:13.88
マジで弱かったもんなあ
やる気がないレベルだろ

18: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:24:03.36
情弱ですまんが鹿島と戦ったキルギスとは今回のメンバー全然違うの?

19: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:24:28.33
控えを試したかったんだろ 
 
34: 名無し@サッカー大好きさん 2018/11/21(水) 06:33:54.60
意義を問われても、呼べる国もうないんだよな
親善試合で欧州とやれる事ほとんどなくなったし、呼ぶとなると絶望的





引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542748485/


人気記事

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット